新田 とのであいかた

ライター「もしかして、芸能界で売れていない人って、新田サクラでお金を貯めている人が多いんでしょうか?」
E(とある芸人)「はい、そうですね。サクラのお金稼ぎってとのであいかた、シフト自由だし、新田我々のような、とのであいかた急にお呼びがかかるような生活の人種にはばっちりなんですよ。不規則な空き時間を利用できるしとのであいかた、貴重な経験の一つになるし…」
C(とあるアーティスト)「得難い経験になるよね、女の子としてやりとりをするのは大変でもあるけど自分たちは男性だから、とのであいかた自分の立場でうれしい言葉を伝えてあげれば言い訳だし、男性の気持ちがわかるわけだから新田、男も簡単にのせられてしまうんですよね」

新田 とのであいかたに足りないもの

A(メンキャバスタッフ)「意外な話、女でサクラの人は利用者の心理がわかってないから正直言って下手っすよね」
筆者「女性のサクラよりも、男性のサクラのに比べてよい結果を残しているのですか?」
D(とある芸能事務所在籍)「そうです。優秀な結果を残しているのは大体男性です。けれどもとのであいかた、僕は女のキャラクターを演じるのが下手っぴなんで新田、いつも目くじらを立てられてます…」
E(芸人の一人)「もともと、新田正直者が馬鹿をみる世界ですね…。女性になりきるのがなかなか大変で…俺も骨を折っているんです」
筆者「女キャラクターを作り続けるのも新田、想像以上に苦労するんですね…」

思考実験としての新田 とのであいかた

女性キャラクターである人のやり方についての話に花が咲く彼ら。
その話の中で、あるコメントをきっかけとして、自らアーティストと名乗るCさんに好奇心が集まりました。